読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SeaIsBack’s blog

現役大学生が今を見つめるブログ

何が正解とかそういう問題じゃなくて俺の後ろに道が出来んだよ!って事

言いたいことはタイトルの通り。

ウチの大学は総合大学でそれなりにデカいから、学生の規模としては二万人と言った所か。

この二万人はいずれ皆皆違う進路を行く。
就職するもの、大学院に進むもの、フリーターになるもの。
何が良い悪いの問題ではない。

皆、違うのだ。違う中から自分が良いと思う道に行くだけだ。
彼らの行動に影響を及ぼすであろう思考、そしてその思考に影響を及ぼすであろう大学生活。

その切れ端でもいいから、僕は見てみたい。
純粋に興味があるのだ。

もう一度言う。幾らでも言う。皆違うのだ。違うからこそ良いのだ。

さあ君は、どの道を行く?

名前について

こんにちは。
そろそろ文体を固定してみたいっすね。
まだ早いか!

今回はですね、僕のネームである「Sea Is Back」についての記事です。

なぜこのネームにしたかって?
その由来はは僕の大好きなロックバンドに依ります。
そのロックバンドとは。
  Base Ball Bear
略してベボベ
聴いたことある方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
日本の三人組ロックバンドであり、青春を思わせる瑞々しさの中にキラリと光るギターサウンド、短編小説の様な歌詞、その二つを支えるリズム隊のリズム感。

お世辞にも有名とは言えませんが、とても良いと思えるロックバンドです。←誰


このBase Ball Bearの楽曲の中に「SHE IS BACK」という作品があります。
ざっくり言うと海の様な都市に暮らす彼女をあまりに刹那的に捉えた曲………です。
まあ聴けば分かるのではないでしょうか。

僕、この曲の刹那的な所大好きなんですよね。
夏。都市。海。黒い髪の少女。
あまりに美しい瞬間。思春期であるその時には永遠に思えた永い永い時間も、僕たちは過ぎてしまって初めてその刹那を知ります。

彼女も海も、都市も帰っては来ない。
だからこそ光り輝くのですけどね。心象風景として。

だから、今日も僕は心の中で叫びます。
未だにどこかで戻ってきて欲しいと思いながら。
「SHE,SEA IS BACK!!!」と。

相当気持ち悪いな………笑

ではでは🙋

読者さん

いたあああ

ありがとう!ありがとう御座います!感謝!深謝!

…なんかすげえ頭悪そう。笑
いや実際そんなに頭良く無いっすけどね笑

そんなことを言いたい訳ではない。

ありがとう御座います。ただ、このワンフレーズだけ一言だけをどうしても伝えたいのです。
名前出すのってタブーなんですかね?
ここでは記念すべき(僕にとって)初めての読者さんをIさんとしましょう。

Iさん、本当にありがとう御座います。こちらからもお邪魔させて頂きます。よろしくお願いします。

よーし頑張るよ!🙋🙋🙋🙋🙋

ではでは。

アクセスとやら

昨晩二つ投稿したから、朝起きたら増えてるかな~とか思ってましたけど、ぜんっぜん増えてなくて笑いました。
いや、哀しくなりました。笑

今日は授業受けて稽古行ってきやす。
それでは~

私について

何をどうしたらいいのか分からないので(ブログにおいて)
分かっていることを書こう。
私は現役大学生、二年生である。
サークルはしていない。

あ、バイトはしています。個別指導の塾講師。
 こいつについてはおいおいまとめて書いてみたいなあ。
というか、バイトについて書いてみたい。
大したことはしてきてませんけどね。

さっき、サークルはしていないと言いましたが、その代わりに部活をしています。はい。部活ッス。

これでお分かりになられる方も中にはいらっしゃるかもしれない。
ガチガチの体育会系だ。それも、武道系。
今どき武道ってどうなんでしょうね?
時代的に。人間的に。
そんなこともおいおい書いてみたい。

では、また。

えっ、こんなに簡単に

ブログって書けてしまうのか。
あ、初めまして。

初めてブログっちゅう物にチャレンジしてみました。
すぐ飽きるかもしれませんし、飽きないかもしれません。
要は気分ですよね。なんてやろうだってね。笑

僕、元々Twitterにいる人間なんですよ。ですから、短い文章を書くことに慣れすぎているきらいがあります。
長い文章を書ける快感に溺れてしまえば、居着くかもしれません。

自分語りをしたい訳ではありません。
なら発信する必要ないしね。
まあ、そのうち色々出て来るでしょ。
人のご迷惑にならない程度に、楽しみたいですね。
ではでは。